若い人の働く土壌 1

若い人の働く土壌 1

 児童養護施設のことを知っていたがこども食堂に関わると、その関係者が表れるとは思わなかっ#た。そこに地域の保健婦が表れることも。
不登校の子供、引きこもりの子供と合わせて、どこにいるのだろうと試行錯誤していたが。児童養護施設もひきもり普通の高校生も地域に働いて、生きていく時が来るのは変わりがない。そこに大学生や地域のや外から中から働く若者は入り混じるのだろうか。自営業やサラリ-マンと起業家を問わないで。

 *************************************************************

 その父親はアルコール依存症だったり ビジネス、市民運動、ワ-カホリックだったりする。若者の光景から、他の年代の光景がつながる。
同じ地域で、分断は、埋められるのか、ばだ見えない、

#若い #働く#児童養護#地域医療#こども食堂#依存症”中高年#大学生#サラリ-マン#自営業 #起業家

 
Young People's Working Environment 1

I knew about child welfare facilities, but I never thought that getting involved with children's cafeterias would bring their associates to light, including local public health nurses. I was trying to figure out where the children who don't attend school and those who are shut-ins were. Whether it's children in welfare institutions, shut-ins, or regular high school students, the time comes for them to work and live in the community, unchanged. Will college students and young people working from within and outside the community mix with them? Regardless of whether they are self-employed, salaried workers, or entrepreneurs.

Their father may be an alcoholic, involved in business, civic movements, or a workaholic. From the scene of the youth, the scenes of other generations connect. In the same community, can the division be bridged, or is it invisible?

#Young #Working #ChildWelfare #CommunityHealth #ChildrensCafeteria #AddictionMiddleAged #CollegeStudents #SalariedWorkers #SelfEmployed #Entrepreneurs

 
 
 
 

鎌倉市の地図とカレンダーを集めています

鎌倉市の地図とカレンダーを集めています
 鎌倉 地図


鎌倉市 防災MAP
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/sangyou_machi/toshikeikaku/index.html


鎌倉シチズンネット

人口  防災 施設 観光
https://navimap.kcn-net.org/opendata.html

鎌倉市 商店会MAP
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/shoukou/link/shouten.html

観光エリヤMAP
https://kamaiko.net/areamap

福祉 地域支援
https://kana.rakuraku.or.jp/kamakura/map


     鎌倉 カレンダー
鎌倉市 イベント
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/cgi-bin/event_cal_multi/calendar.cgi

観光協会
https://trip-kamakura.com/calendar/m/

望む場所と望まれる場所

望む場所と望まれる場所

それは違う改めて今日
面接選考の不合格通知をもらって思った
*********************
推薦をもらい、りサーチをする手間隙をもっとかけてたら
よかったのか、

 税関係が長いこと、管理や本部経験がないこと年齢が高い、組合活動をしていたこと
ハンデは自覚していたが

自分の経験とキャリアはそのハンデを超える自信があったので、逆転の可能性にかけたが、それはかなわなかったようだ

 *********************

今いるところは明らかに必要とされている、悪く言うと利用されている。利用される立場から利用する立場になる

 折角面接の準備で社会保険、労働の知識を得たので
それを仕事と繋げたい
 会社と個人の仕事の流れの中でみていなかった領域があるかもしれない、破産精算、財産調査、開業廃業手続き
それを探してみる

それは今いる組織の流れの見直し、私の落ちていた領域を見つけることになると思う

 

望む場所と望まれる場所

望む場所と望まれる場所

それは違う改めて今日
面接選考の不合格通知をもらって思った
*********************
推薦をもらい、りサーチをする手間隙をもっとかけてたら
よかったのか、

 税関係が長いこと、管理や本部経験がないこと年齢が高い、組合活動をしていたこと
ハンデは自覚していたが

自分の経験とキャリアはそのハンデを超える自信があったので、逆転の可能性にかけたが、それはかなわなかったようだ

 *********************

今いるところは明らかに必要とされている、悪く言うと利用されている。利用される立場から利用する立場になる

 折角面接の準備で社会保険、労働の知識を得たので
それを仕事と繋げたい
 会社と個人の仕事の流れの中でみていなかった領域があるかもしれない、破産精算、財産調査、開業廃業手続き
それを探してみる

それは今いる組織の流れの見直し、私の落ちていた領域を見つけることになると思う

 

鎌倉市の統計を読み解くのワ-ク~働く人の土壌を耕す~ショップをして 2


                                        

 
 

鎌倉市の統計を読み解くのワ-ク~働く人の土壌を耕す~ショップをして 2                                        

 参加者にできるだけのフォロー、関係統計、制度を提供をした。人口増加の理由分析、生産労働人口比率の比較、所得分布。ごみの統計、都市計画区域別の用途。それだけでも地図を、統計同士の繋がりをつくれたのだはないかと思う。

 私は、そこから、地域別の地価の上昇率の統計を調べ始めている。そして、自分の提案を深めるため鎌倉の地図を集めている。

 次は地区別の統計、地域間連携を自分の提案と合わせてワ-クショップの準備を始めるつもりだが、

カレンダー探し、衣食住関連の地域の大企業の有価証券報告書福祉施設の会計分析をする中でなにかが、見えるだろう。

#地図 #カレンダー#衣食住関連#福祉

 I provided as much support, related statistics, and systems as possible to the participants. Analyzing the reasons for population growth, comparing the ratio of the working population to the total population, and income distribution. Statistics on waste, and the usage of different areas in urban planning. I believe that alone could have created connections between the maps and the statistics.

From there, I have started to research the statistics on the rate of increase in land prices by region. And, to deepen my proposal, I am collecting maps of Kamakura.
Next, I plan to start preparing for workshops by combining statistics by district and regional collaboration with my proposal.

In the process of searching for calendars, analyzing financial statements of major regional companies related to clothing, food, and housing, and analyzing the accounting of welfare facilities, something will become visible.

 
 
 
 

軽く 無理なく 素早く 衣食住をつなぐデザイン  

軽く 無理なく 素早く 衣食住をつなぐデザイン
 
 若い人に勧める前に、自分で考えることにするとおもうが、地域を歩くと多くの人は、すでにしている。自分で畑を耕し、共同ゴミポストをつくり、古い商店主ににもかわいがられている。農業にロボットとデータサイエンスを組み込む若手の農家を読んだり。伸び盛りの東南アジアの若手の経営者の地域で交流主ている、軽く 無理なく 素早く 衣食住をつなぐデザインをしている。
 最近、
 *************************************************************

 自分の失敗から振り返る。知りたいことを無視して、考えと、スト-リを押し付けると相手にされない、実務的な行政、税の制度知識
なら相手にされる。4月月から交際費に認められる交際費の限度額が上がるという情報ほうが、地域の経済と食を支えるだろう。

 若手が行うワ-クショップの受付や 会場設営、会場手配、チラシはり、を始め、報告作成、スケジュール管理など黒子の仕事をし彼らが
動ける時間と手段を増やすことこれも立派なデザインだはないか、もっと腰を低く、認められること新しいデザインの呪縛にとらわれているのは自分ではないかと思う。

**************************************************************
以下の通り考えていたが、もっと地味なできることを下記に付け加えることのする

① 深沢地区を若者が可能性が広がる地区に

 →楽しめるプラネタリウムの企画を深沢地区で行う。そのまえにイベント情報みて地味に手伝う。

② 鎌倉市内の統計、地区別の統計を見つめて、税と事業の金の流れ、行政や事業所、市民の立ち位置を確認して同じ地図と立ち位置を確認す  る。衣食住関連をとくに見ていく海外の地域経済の研究事例も紹介していく。衣は課題、長持ちするオーダメイドを考える。

 → その前に店を地域を めぐる。男性が経営している衣服店を探す→統計も提供する→役に立つ制度を提供する
 → 研究者にアプローチをして統計を提供する、

 
 その中で参加者に自分の事業のヒントを得てもらう。それぞれの事業のつながり、断層を見ることで、すみわけ、共同事業、相互支援を考える。そのなかで、持続可能の障壁となる地域事業の適正な契約単価の設定を探る。 
 → 会計ツ-ル、総務ツールを提供する
 
  
③ 四半期ごとの地域での事業報告会

 季節ごとの事業報告をし、データを交換し、置かれている状況を確認、その中で、それぞれの事業のつながり、断層を見ることで、すみわけ、共同事業、相互支援を考える。共同事業、ブレスト会を行う

→ 地域経済に衣食住関連の大企業の事業説明会資料のレポートをまとめ自分のSNSをプラットフォームにする

その中で参加者に自分の事業のヒントを得てもらう。それぞれの事業のつながり、断層を見ることで、すみわけ、共同事業、相互支援を考える。そのなかで、持続可能の障壁となる地域事業の適正な契約単価の設定を探る。

④ 鎌倉共同カレンダ 
  売上の忙しいとき閑散となる時期を組み合わせ、各自の応援、委託展開の余地を探る。

 → まず、自分でカレンダーを創る つくったお金のカレンダーを公開する。

⑤ 鎌倉共同MAP
  必要な統計を活用し市内の作られている子育てマップ、商店街マップ、等を統合し進化させる 
  →様々なMAPを宣伝する、書き込む

⑤ 鎌倉版AMAZON 共同市場を創る
  →様々な市場を宣伝する

⓺ 市役所に投資させる、価格保障、人件費

 → 市のHPや良い仕事、情報をシエアする。

  地道なデザインある。

#地味 #デザイン

"Design that connects clothing, food, and housing effortlessly, without strain, and swiftly

Before recommending it to young people, I think it's important to consider it oneself, but walking around the region, many people are already doing it. They cultivate their own fields, create communal garbage posts, and are loved by old shopkeepers. I read about young farmers who incorporate robotics and data science into agriculture. I am engaging with young entrepreneurs in the growing regions of Southeast Asia, creating designs that effortlessly, without strain, and swiftly connect clothing, food, and housing.

Recently,

Reflecting on my own failures. Ignoring what I want to know and imposing my ideas and stories won't get me anywhere; practical knowledge of administrative operations and tax systems will. Information like the increase in allowable entertainment expenses from April will probably support the local economy and food.

The backstage work that young people do, such as receiving guests at workshops, setting up and arranging venues, sticking flyers, writing reports, and managing schedules, also increases their time and means to move. This is also a fine design. I think I might be too focused on being recognized for new designs, instead of humbly acknowledging what is there.

Following are some modest ideas I've had, to add to what's already possible:

Transforming Fukazawa district into an area full of possibilities for youth.
→ Plan a fun planetarium event in the Fukazawa district. Before that, help out modestly with event information.

Analyze the statistics of Kamakura city, by district, and observe the flow of money in taxes and business, and confirm the positions of administrations, businesses, and citizens. Focus particularly on clothing, food, and housing, and introduce international case studies of regional economies. Clothing is a challenge; consider long-lasting, custom-made options.
→ First, visit local stores. Look for men-run clothing stores → provide statistics → offer useful systems
→ Approach researchers and provide statistics.

Within this, participants can get hints for their own businesses. By understanding the connections and gaps between different businesses, they can consider segmentation, joint ventures, and mutual support. Within this, explore appropriate contract pricing for sustainable local businesses.
→ Provide accounting and general management tools.

Quarterly local business report meetings.
Report seasonal business activities, exchange data, understand the current situation, and consider segmentation, joint ventures, and mutual support based on the connections and gaps between different businesses. Conduct brainstorming sessions for joint ventures.
→ Compile a report on major companies' presentations related to clothing, food, and housing in the local economy and use my SNS as a platform.

Kamakura joint calendar.
Combine busy and quiet sales periods to explore opportunities for mutual support and delegated expansion.
→ First, create a calendar myself. Publish the financial calendar I created.

Kamakura joint MAP.
Use necessary statistics to integrate and evolve existing maps like child-raising maps, shopping street maps, etc.
→ Promote and contribute to various maps.

Kamakura version of AMAZON, create a joint market.
→ Promote various markets.

Get the city hall to invest, ensure pricing, and labor costs.
→ Share good work and information from the city's website.

There is modesty in design.

#Modest #Design "

Please let me know if you need any further assistance or modifications!